「年金機能強化法」

(「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律」)が、平成24年8月10日に成立し、平成24年8月22日に公布されました。

 

最大の改正点は、年金の受給資格期間の短縮です。

 

25年必要だった年金保険料の納付済み期間が10年になります。

 

今まで、納付済み期間が25年に満たなかった65歳以上の方も、10年の納付済み期間があれば、平成27年10月1日の施行日以降には、年金がもらえることになります。

 

また、10年に満たない人も「国民年金保険料の後納制度」により、今なら最大10年間、保険料を遡って納付することでが出来ます。

 

今まで、一度も保険料を払ったことのない人でも、年金をもらえる可能性があるということです。

 

仮に、

月の保険料を15,000円とすると、10年分で1,800,000円になります。

年金の満額が720,000円になったとしても、40年分の10年分で、年間、180,000円の年金を受け取ることが出来ます。

10年間で元が取れる計算になります。

65歳からもらい始めて75歳以上になれば得になります。

 

さらに、国民年金保険料は全額が所得控除になるので、

所得税、市民税の節税効果もあります。

累進課税により税率の高い方はより効果的です。