労働保険・社会保険の手続き

労働保険とは

 労災保険と雇用保険を合わせた総称が労働保険です。

労働保険は原則、従業員が一人でもいれば加入しなければなりません。

労災保険

労働者の業務上や通勤によるケガや疾病などの治療費が無料になることをはじめ、休業中の収入保障、障害を負ったときの年金等、死亡の時の葬祭料や遺族年金等の補償が受けられる保険です。

保険料は、業種により異なり、全額が事業主負担です。

原則、事業主やその家族、法人の役員がは加入することは出来ません。しかし、中小企業に限り、特別加入制度を利用することで、労働者と同等の補償が受けられます。

特別加入についてもご相談ください。
一人親方様の、一人親方労災についてもご相談下さい。

雇用保険

労働者が失業した時の失業保険がまず挙げられますが、教育訓練や雇用促進、安定に関する給付、助成金の原資になっているのも雇用保険料です。

雇用保険料は、事業主と労働者が一定割合で負担します。

社会保険とは

 健康保険と厚生年金保険を合わせた総称が労働保険です。

社会保険は、一部業種を除く個人事業主が従業員、5人以上になれば、法人であれば従業員数に関係なく加入しなければなりません。

保険料は、事業主と労働者が半分づつ負担します。

 

労働保険・社会保険の手続き費用

スポット契約の場合
労働保険 社会保険
新規加入手続き 25,000円より 35,000円より
その他の手続き 10,000円より 10,000円より
お問い合わせはこちらまで