「NKB社労士事務所ニュース」

 

今回は、新しい助成金のご案内です。

今いる契約社員さんやパートさんあるいは新たに雇い入れる方の

教育訓練をする場合、正規に雇用する場合に助成金が支給されます。

まずは、「若者チャレンジ奨励金」です。
この助成金は、35歳未満の非正規雇用の若者を、自社の正社員として

雇用することを前提に、自社内での実習(OJT)と座学(Off-JT)を組み合わせた

訓練を実施する事業主に対して支給されます。
3ヵ月から2年の範囲内で期間を定めて計画的な訓練を実施することで

訓練期間中、1人につき、1月あたり、15万円の助成金が支給されます。
さらに、訓練期間終了後、正社員として雇用した場合には、

1年経過時に50万円、2年経過時に50万円の助成金が支給されます。

35歳以上の有期契約労働者等に対しては、

キャリアアップ助成金」の人材育成コースです。
有期契約労働者等に対し、一般職業訓練(Off-JT)または有期実習型訓練(Off-JT+OJT)

を行った場合に、賃金助成および訓練経費が助成されます。
一般職業訓練(Off-JT)の場合は、訓練中の賃金助成として1時間あたり700円が、

有期実習型訓練(Off-JT+OJT)の場合は、訓練中の賃金助成として1時間あたり800円と、

訓練経費として上限20万円までが助成されます。
健康・環境・運輸・情報通信業・医療・介護・農林漁業分野等の事業に対しては、

訓練経費の上限30万円になる「非正規雇用労働者育成支援奨励金」があります。
さらに、「キャリアアップ助成金」の正規雇用等転換コースでは
有期契約労働者を正規雇用に転換した場合に1人あたり40万円、

有期契約労働者を無期契約雇用に転換した場合に1人あたり20万円、

無期契約労働者を正規雇用に転換した場合に1人あたり20万円が支給されます。
対象労働者が母子家庭の母等または父子家庭の父の場合は、

それぞれ10万円、5万円、5万円が加算されます。

ぜひこの機会にお問い合わせください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。